゜+。玉木宏愛し者。+゜

俳優であり歌手である玉木宏を心の底から愛する者のブログです(*´▽`*) でも、雑談もあります★ 老若男女どんな人でもお気軽に声をかけてくださいねヾ(=^▽^=)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

♪New Year Concert 2013♪


♪♪♪♪

こんばんは~
玉鹿ですよ~★
またまたオケレポですよ~w


1/12、新春初オーケストラ!
関西フィル×藤岡幸夫さんの「ニューイヤーコンサート」in文化パルク城陽、ゆみこと行ってきました★
ゆみこは一昨年の夏以来のオーケストラということで期待を膨らませていたようですが、満足満足といった感じでよかったです(^O^)/^
ゆみこの感想としては「はじめは前の人(チェロの向井さん)ばっか気になってたけど、途中から藤岡さんの背中ばっか見てたw」と。
「めっちゃ良かった~」とかも言ってましたね。
そして何度も「藤岡さんかっこいいなぁ」と言ってました(^^)
ワタシより藤岡さん藤岡さんって言ってたような?笑
藤岡ファンが増えたやもしれませぬな(^^)笑

さて、今回もクリスマスファンタジアに引き続き、席が若干右寄りのほぼ真ん中最前列でしたw
ザ・シンフォニーよりは舞台との距離はあるものの、やはり迫力があります

ただ、合唱団の歌う様子がチラッとしか見えなかったのは少し残念…
とは言えワタシは音が良くて指揮が見れれば満足なので(笑)
今回のコンサートをひとことで言えばめっちゃ楽しかったです!
もぅ、顔が笑っちゃって…(笑)
ということでいつものいきましょう。

~第一部~
▼トーク:藤岡さんの話より
今年で関西フィルは13年目に突入し、ここ(文化パルク城陽)でのニューイヤーコンサートも13回目。
一度だけどうしても帰れない時があってそれ以外は全部指揮した。(12回指揮した)

★ヨハン・シュトラウス2世:喜歌劇「こうもり」序曲
⇒これはあのこうもりですよね?そう、オペレッタの。
なんだかちょっぴり懐かしい感じがしたのは佐渡裕さんのオペレッタ「こうもり」を見に行った時を思い出したからでしょうか。
曲だけ聴いても楽しかったけど、また見に行ってみたいな(^^)

▼トーク:藤岡さんの話より
【ヨハン・シュトラウスについて】
ヨハン・シュトラウス2世の父、ヨハン・シュトラウスは音楽家。
しかしスーパースターでモテモテな彼は愛人を作り、子をもうけ愛人の元で死んでいった。
妻の子、ヨハン・シュトラウス2世らとは仲が悪く(しかし尊敬はしていた)一切音楽をやらせようとしなかった。
しかし、愛人の元にいる間に妻が息子たちをデビューさせ、夫に復讐しようと試みる。
それを知った夫は激怒したが、妻の企みは成功する。
【次の曲について】
普通ポルカを2曲続けてはあまりやらないが今回は連続で演奏。

★ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ「狩り」
⇒曲の途中でバチーン!と音がなり、思わずハッとして首を伸ばしたのですが、となりのゆみこと顔を見合わせるだけでよくわかりませんでした。
が、今YouTube見て銃声なんだと分かりました(笑)
狩り、ですもんねw

★ヨハン・シュトラウス2世:「雷鳴と電光」
⇒始まりから「これは!」と思いました。
運動会でもよく聴く曲(^^)
大迫力の楽しさ。雷様の大暴れ!笑

▼トーク:藤岡さんの話より
【ヨゼフ・シュトラウスについて】
ヨゼフ・シュトラウスはヨハン・シュトラウス2世の弟で、ヨハン・シュトラウス2世に代役を頼まれてデビューした。
(なんの代役だったか…←)
ドビュッシーなどの影響を受けており、とてもロマンチックな曲が多い。

★ヨゼフ・シュトラウス:ワルツ「天体の音楽」
⇒冒頭の美しさは宇宙の美しさを思わせるよう。
あのワルツのリズムの部分はまた楽しい。
踊る天体、という感じでしょうか。

▼トーク:藤岡さんの話より
【次の曲について】
止まらない音楽を作ろうということで出来上がったのがこの曲。
ほうっておくと止まらない曲。

★ヨハン・シュトラウス2世:「常動曲」
⇒面白い曲ですね(笑)
一通り演奏すると指揮する手を止め、客席に向かってニッコリ(笑)
あれ?と思いながら笑う会場。
オケが同じメロディーを奏でだし「あぁ、そうゆうことか」と(笑)
拍手すればいいのかどうなのか?と思うワタシたちに向かって「続きますよ?どうします?」と言うようにニコニコする藤岡さん(笑)
で、最後は「もうキリがないのでやめます(^^)」と中途半端なところで音を切りタクトを下ろしましたw
ふぅ。どうしようかと思ったわ(笑)

▼トーク:藤岡さんの話より
「なぜこの曲をやるかというと僕が好きだからです(笑)色々な楽団とたくさん演奏してきた曲だけど、関西フィルの「金と銀」が一番好きです!」

★レハール:「金と銀」
⇒何度聴いても素敵です( ´ ω`)
聴けば聴くほど素敵。楽しい!
聴き返しながら思いましたが、なんか眠れる森の美女の曲とイメージがかぶる部分がありますね。

~第二部~
▼トーク:藤岡さんの話より
もういいよって思うかもしれないけど、と言いながら(笑)
【ヨハン・シュトラウス2世について】
ヨハン・シュトラウス2世はスーパースター、とはいえ父のような人ではなくとても真面目は人たった。
忙しくてなかなか結婚ができなかったヨハン・シュトラウス2世だが、30代で7歳年上の女性と結婚。
しかし彼女は病気(やったかな?)で亡くなり、その寂しさから23歳年下の女性と結婚したがそれが最悪な悪妻だった。
そして3人目の妻と恋におちた時の曲が次の曲である。

★ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ「春の声」
⇒耳馴染みの曲ですね(^^)
恋の歌、楽しさが伝わってきます。
あー、ワタシも叶う恋がしたい(笑)

▼ソプラノの森田裕子さん登場
▼トーク:森田さんの話より
次の曲は悲劇で現在イタリアに住んでおり、この曲は60~70回ぐらいやった。
だからとても思い入れがある。

★プッチーニ:歌劇「蝶々夫人」より“ある晴れた日に”
⇒これも最近聴いた曲ですが、森田さんの迫力には引き込まれました。
あんなに動き回りながら歌う人なんて初めて見たし、なにせあの声量すごすぎる。
目玉がまん丸になりました。笑

▼トーク:森田さんの話より
次の曲は、さっきの曲とは打って変わってよしもと新喜劇のようなドタバタな曲(笑)
(京都出身だそうで、関西人らしい例えに笑えました。笑)

★ロッシーニ:歌劇「セビリアの理髪師」より“今の歌声は”
⇒こちらもまたすごい迫力で…
先ほどの曲もですが、感情の入れ方や表現の仕方も素晴らしい。
言葉はまるっきり分からないのですが、森田さんの表現で色々たくさん伝わってきました。

▼トーク:藤岡さんのトークより
(以前にも書いたと思うので短めに。)
次の曲は、自由奔放な女性が恋をして反省するという曲。
演奏は関西フィルオリジナルなところもあり。

★マスネ:「タイスの瞑想曲」
⇒冒頭はヴァイオリン、岩谷さんの独奏。
これまた美しい。ヴァイオリンって少し人の声にも似てますよね。
最後の高い音、なんだか強い思いというか、なにか大きなものを感じますね。

▼モルゲングランツ少年少女合唱団と城陽市少年少女合唱団登場
▼トーク:藤岡さんの話より
彼らとは初共演。
練習を初めて聴いた時思わず涙した。
本当に素晴らしい。

★シューベルト:「アヴェ・マリア」
⇒一目惚れするかのように合唱団に聴き惚れました。
何だこれは!綺麗すぎる!
昔住んでた場所で今はなき合唱団に入ってた頃の思い出も手伝い、ウルウルきました。
いやぁ、これはまぢリスペクト。
自分も練習すればあんなに美しいヴォイスが出せるのだろうか。
なんかやってみたい気もします。
この曲を聴くといつもガールスカウトでよく行ったカトリック幼稚園やオーストラリアで行った協会を思い出します。

▼トーク:藤岡さんの話より
次の曲は合唱団の為に作られた曲で、作られた当時はウィーンが戦争に敗れて暗かった。
そんなウィーンを元気付ける為に作られた曲。
ヨハン・シュトラウス2世の曲は人々を勇気づける為のものが多い。
だから明るく聴こえるワルツも、実はただ明るいだけではない。

★ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ「美しく青きドナウ」
⇒また泣かす気か。ってほど美しい少年少女合唱団…
オケとのハーモニーがまた絶妙でたまらない。
また聴きたいな本当に。
この曲は知らない人はいないと思います。
合唱つきも本当に素敵でした。
それとワルツで何がたまらないかって“ためる”部分ですよ。
これに関しては母も大好きで、特に藤岡さんの花のワルツが好きだそうです。
今回こそワルツ好きの母を誘うべきだったなと思いました^^;
なんか申し訳ないくらい楽しかった!笑

★(アンコール)ヨハン・シュトラウス:「ラデツキー行進曲」
⇒こちらは客席も手拍子で共に楽しみました(^^)
この一体感も好き♪
ゆみこも楽しんでくれたようでよかった!
また、行こうぜ~!

今回は森田さんもですが、藤岡さんのトークはいつも興味深くて楽しいんだけどなかなかちゃんと覚えてられない自分が悲しい^^;
ちょいちょいメモは取ってあるものの、解釈あってる?と思いながら書いてるんですが…(笑)
ま、ちょっとでも知識が増えればいいか。
もっと知りたい、と思える方がこの先楽しいかもしれないし(^^)
もっと聞きたいですぞー。音楽の話♪


さて、演奏会後は3月のチケット発売と、関西フィルのグッズ、卓上カレンダーを購入者を対象に藤岡さんのサイン会。
うん。買いましたw
まぁ、いつもの感じでサインと握手♪
ゆみこにカメラを任せてたんですが、心優しいスタッフさんが撮ってくださるということで3ショット(^^)
はじめはなぜか遠慮したゆみこですが「いいじゃん、はいっちゃいなよ~」と誘われ喜んでおりました(^^)笑
チケットはとりあえず保留^^;
しかし気にならない訳もなく…
まだあるかなぁ^^;
サイン会の隣ですごい勢いだった。

そう言えば今回貰ったプログラムに花の種がついていました。
「2000万人ご来館記念」とありまして、ワタシは八重矢車草の種でした。
誰かさんの影響で(←笑)即花言葉が気になり、載ってないかと裏をみればありました。
八重矢車草の花言葉『優美・幸福』( ´ ∀` )
植えないかんぜよ。笑
ちなみにゆみこはポピーで、花言葉は『幸福』♪
なんだかささやかながら嬉しかった(^^)

さぁ、2月もチケット取らないと~


では、また★

♪♪♪♪


スポンサーサイト
  1. 2013/01/19(土) 20:45:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。