゜+。玉木宏愛し者。+゜

俳優であり歌手である玉木宏を心の底から愛する者のブログです(*´▽`*) でも、雑談もあります★ 老若男女どんな人でもお気軽に声をかけてくださいねヾ(=^▽^=)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

\関西フィル 奈良定期演奏会(サイン会)/



♪♪♪
 
コンバンハ。
玉鹿デス。
 
 
4/14、『関西フィルハーモニー管弦楽団の奈良定期演奏会』(in奈良100年会館)演奏後の話です。
奈良定期演奏会では毎年、演奏後に指揮者藤岡幸夫さんのサイン会が行われております。
弟以外皆、サインいただきました(^^*)
力強い握手つきで★
本間、玉木宏とは真逆ですわw
玉たんの場合はこちらからギュッと握らないとね(* ̄ー ̄*)
ギュッとしたらギュッと仕返してくれるかな?笑
藤岡さんは「握手した!」って感じがガッツリある。
玉たんは、まぁ目の前にいる時点で舞い上がってるからってのもありますが、「はて、さっきのは夢か?」って感じになるw
で、後から実感する感じwww
そいや佐渡さんの握手も力強かった気がします。
握手ってその人の熱が直接伝わってくるみたいでいい。
共通して言えることは皆ホットハンド。
熱いハートが伝わってきます。
で、話は少々それてしまいましたが握手の後は、写真も撮らせていただきました(・∀・)
では、その一部始終をちょろっと再現♪笑
 
 
演奏が終わり、まだ興奮が胸にあるまま列の最後の方に並ぶ。
 
藤「オッス、こんにちは。」
私「こんにちは~」
藤「青春しているかい?」
(↑前に友達を沢山連れてコンサート行った時も言われたんですw名言デス。笑)
私「青春シテマス!笑」
藤「そうか(サイン書き書き)」
私「清盛も毎週見てますよ♪」
藤「あ、ホント?ありがと。(握手)ありがとね(^ω^)またね!」
私「あ、写真もお願いします。」
藤「いいよ~」
藤・私「(^ω^)v」
私「ありがとうございます。」
藤「ありがとね~またね~。」
母サイン貰う
藤「(サイン書き書き)あれ?これ誰のだっけ?」
母「私デスw」
藤「はーい、ありがとう。」
父「藤岡さん、カバンに(サイン)貰っていいですか?」
藤「えぇ!?カバン!?そんなのもったいないよぉ!絶対後悔するって!じゃ、裏にしよ。裏に。」
父「いつも家族で楽しませてもらってありがとうございます。」
藤「いやいやいや、ありがとうございます。ホントに。」
私「もぅ、藤岡さんに音楽を学びたいw」
藤「いや、学ぶとかそういうのじゃないですよ。(書き書き)」
私「大学の先生に欲しいw」
藤「ハハハ(笑)」
父「ありがとうございます!」
藤「ありがとうございます。よかったら来週のこれ(チラシを差して)ベストシンフォニーも来てくださいね(^^)」
家に帰ってからも「こんなカバン世界に1つしかないでw」と自慢気にする父w
まさか本気でカバンにサインいただくとはw
今週の土曜日はこのカバン借りて行こうかな♪笑
この後、弟、母、ワタシとまた写真を撮らせていただき、ちあきがサインと握手。
そして次の次くらいの女性の方に順番が回ってきた時
「あれ!?○○先生じゃな~い!」
と藤岡さん。
はて?と振り返ってみると
「僕の中高の時、音楽教えてもらってた先生だよ!僕が初めてオーケストラ指揮した時もこの先生だったんだよ!」
と教えてくださりました。
ワタシはただただ「えー!すげぇー(゜∀゜*)」としか言えませんでした(^^;)
そんなワタシに先生が笑いかけてくださったのはよく覚えてます。
藤「先生、東京から関西に来たのは初めてなんじゃないの?」
先生「そう(^^)」
こんな会話を聞いて更に「すげぇ!」と(゜∀゜*)
いやぁまさか藤岡さんの先生に会えるなんて!
しかも初めてオケを振った時の先生だなんて!
すごく貴重な方に出会えました。
 
先生と写真を撮られ、最後、ワタシ等を含め周りの人達(女性が大半)に
「みんなありがと~」と言う声はカラカラになっておられました(^^;)
チャイコ4の運動量、その他もですがほんとハンパなかったと思います。
すごい体力いるよなぁ指揮者って。毎回思います。
今回もエネルギッシュで素敵でした。
 
 
ところで、帰ってから「学ぶとかそいうのじゃない」について少し考えていました。
ではなんなのか、と。
きっと「感じる」がふさわしい。
ワタシが言った学びたいってのも本当は「感じたい」に似たような感覚だった気がする。
ただ知りたい、それだけなんです。
知って何なるのかって聞かれたら…
なんていうか…楽しみかな。
自分だけの得?笑
なんかとにかく浸っていたい世界なんですよね。
なんやろうかこの幸せな感じはw
クラシックはホント一度ハマるとぬけだせませんね(´∀`)
 
本当に大学でクラシック系の分野あったらやりたかった。
管弦楽団はあるんですよね。
入ってみたいけどまだ考え中。
 
 
さて、このくらいにしておきましょうかね。
今回も沢山の熱と沢山の感動、ありがとうございました!
土曜日も大学の友達と行きます(`ω´ゞ
 
では、また。
♪♪♪
スポンサーサイト
  1. 2012/04/17(火) 23:50:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<\藤岡幸夫 ザ・ベスト・シンフォニー/ | ホーム | \関西フィル 奈良定期演奏会/>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamagatarimax.blog107.fc2.com/tb.php/1154-1d845975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。