゜+。玉木宏愛し者。+゜

俳優であり歌手である玉木宏を心の底から愛する者のブログです(*´▽`*) でも、雑談もあります★ 老若男女どんな人でもお気軽に声をかけてくださいねヾ(=^▽^=)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

\HTD貸切★舞台「ホテルマジェスティック」No.1/


★☆★☆★

こんばんは!
一昨日と昨日の境目がない玉鹿です(笑)
おどけた子鹿みたいでセクシーな宏きゅんに会ってきましたyo!(≧ω≦)!笑


ネタバレ的な部分もありますので、そゆの嫌な方はまだ読まない方がいいかもしれません^^;

さて、3/7に開幕した玉木宏初舞台、初主演の「ホテルマジェスティック」。
3/11は東京、新国立劇場にてHTD貸切公演がありました。
渾身の演技…
そこにはもぅ玉木宏はいなく、1人の戦場カメラマン、澤田教一がいました。
強引な結婚後、彼は世界に認められたくてベトナムへやってきた。
教科書にも載っている写真「安全への逃避」でピューリッツァー賞を受賞。
他にも数々な賞をもらい世界に認められた。
彼はベトナム戦争で、写真を通し、数々の人へメッセージを伝えてきた。家族を思い、平和を思い、戦場では狂ったように写真を取る。
そして、戦争が終わり愛しき妻と帰国しようとして…
最後に彼がどうしても撮りたかった写真。
それは戦場で荒れ果てた土地に、強く美しく生きていた紅葉葵。
出版が決まった写真集にどうしても載せたかった。
妻にも見せたかった。
写真を撮ることはできたが、その後軍隊に撃ち殺されてしまい、愛しき妻と約束した“家族を作る”その夢は叶えることができなかった。
(画像で言うと1956年ごろからの話の内容ですね。)

サラッとあらすじみたいになりましたが…^^;
妻のサタさんも今回の舞台を見にこられたそうですね。

なぜ、こんなにも命をかけて写真を撮れたのだろう?
日本には戦争はなく、平和なところに戻れば死なずにすんだのに…
これにはきっと澤田さんの中に大きな理由があったと思います。
多分、ワタシには知りきれない大きな思いがあったと思います。
命をかけて伝えようとしたメッセージ。
それは澤田さんの写真はもちろん、この舞台を通して、うまく言葉にできませんが、感じるものがありました。

劇中、思わず声を上げて笑ってしまったり、気がつけば涙で目の前がぼやけていたり…
本当に素晴らしい舞台でした。
カーテンコールでは最後スタンディングオベーション!
宏の投げキッスもくらいました\(//∇//)\笑
席は19列目(後ろから3列目←)だけど、ど真ん中だったのでこっちまで飛んできた感じしました~\(//∇//)\笑←
隣にいた別所さんもノックアウトされてました(笑)
隣でそんなことしちゃうからぁ。そりゃぶっ倒れるわwww
違うか(笑)

今回、私も初舞台だったのですが、以前、大学の先輩方の演劇を見たことを思い出しました。
演劇みたいに会場全体使ったりしないのかな~と思ってたら、
会場の真ん中の通路にカメラを持った宏が現れて思わず「おぉー((*°∀°*))」と言いそうになりましたw
思ったより劇場は狭くてテンションが上がりましたが、やはり迫力ありましたねぇ…

何よりあれですよ。津軽弁!
聞きなれるまで「え?なんて?」と内心呟いていたんですが(笑)
奈良に帰ってからなんだか無償に恋しくなって、津軽弁いいなぁって思いました(* ´ ω`*)
これまたえぇ声でゆぅから耳に残るんだわ(* ´ ω`*)笑

なんかおどけた子鹿から凛々しい大角の鹿になっていく感じが本当に素晴らしかった。
例えがあれやけど(笑)

ワタシの印象に残ってるのを上げますと
一幕では「とーきょーの、さーわーだ、きょーいち、で、す」やっけ?笑
のたうちまわる?別所さんとカバンを抱えて一生懸命話す宏が絶妙www
わろたわ~(笑)
二幕ではやはり後半でしょうか。
ハッピーエンドで終わりそうだったのに、すっごく惜しいとゆぅか…
あかん。思い出したら泣きそうや…
捕まったけど戻ってきた時とか、澤田さんの強さや思いが詰まった台詞たち…
一番最後の長い台詞、じーんときました。


話がめちゃめちゃ気がしますが…笑
とりあえず自由すぎる感想を更新~
とゆことで終演後のトークショー&握手会についてはまた改めて。

では、
また★まきひろし

★☆★☆★



スポンサーサイト
  1. 2013/03/13(水) 22:47:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<\HTD貸切★舞台「ホテルマジェスティック」No.2/ | ホーム | まさかの別所哲也さんと生電話!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamagatarimax.blog107.fc2.com/tb.php/1201-7ff8f986
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。