゜+。玉木宏愛し者。+゜

俳優であり歌手である玉木宏を心の底から愛する者のブログです(*´▽`*) でも、雑談もあります★ 老若男女どんな人でもお気軽に声をかけてくださいねヾ(=^▽^=)ノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

\関フィル"独墺古典美の系譜…"その1/

***
 
コンバンハ。
うなされなうの玉鹿デス…←
玉イベント(大阪千里中央6/24)ゎ丁度テスト一週間前やし、藤岡サンのブラームス1番(むちゃくちゃ生で聴きたい曲)(7/3)ゎテスト中やし…(白目)
玉イベントゎ行きます!←けど、ブラ1…(;_;)
迷いすぎて落ち着かん(笑)
 
 
 
さて、ここからゎ切り替えて本題!
昨日の関西フィルハーモニー管弦楽団"独墺古典美の系譜…"のコンサートレポを書きたいと思います!
勿論、指揮者ゎ藤岡幸夫サン!(^^)
 
 
 
まず、独墺←これなんて読むか分からなくてPCで調べたら"どくおう"と出てきました。
ドイツとオーストリアを表しているみたいデス。
ちなみにアタシのケータイにこの漢字ゎありません←
 
 
 
今回ゎ、開演20前(18:40)から藤岡サンによるプレトークがあり、主にブラームスについて、非常に興味深いお話を聞くことがでしました(^^)
ブラームスがこの曲をどんな思いを込めて作ったかとか、初めて聴く曲だから期待が高まり、テンションが上がりましたね(*^ω^*)
 
 
 
さて、コンサートレポ恒例の曲目を挙げての感想デス(^^)
ちなみにいつもパンフレットのメモを引用して書いてます。
その時感じたことをいつもメモってるんデス(^^)
ホントに走り書きなんで汚いし平仮名だらけですが(笑)
 
 
 
今回ゎ3列目の左端とゆことでマエストロの表情がとってもよく見えました(´∀`)
左端だったからピアノの手も見えたね♪(^^)
 
 
 
★歌劇「魔弾の射手」序曲(ウェーバー)
 
⇒重く入ってドーン!…ルンルン♪パーン!(^ω^)
ま、擬音語で表すとこんな感じです(笑)
 
最初ゎ切ない感じで最後ゎビックスマイルヾ(^ω^)ノ
指揮者の表情ゎ音楽の表情、そんな風に感じました(´ω`)
そしてそんな指揮者の表情ゎ観客にも伝染する(´ω`)
気が付いたら鼻の下が伸びっぱなしだったり(笑)←
 
 
 
★ピアノ協奏曲第21番 ハ長調 K.467(1~3楽章)(モーツァルト)
 
⇒全体的に明るくて楽しい曲(^^)
2楽章にゎ知ってるメロディーもあって素敵でした(´∀`)
ピアノがまた繊細でw
(アンコールでピアノソロ、モーツァルトのソナタ第1~2、ありました。)
ま、アタシゎ藤岡サンばっかり見てたけどwww←
指示の出し方とかも、この動きをしたらこの音がなるとかも分かったりしてすごく楽しかった!(´▽`)
 
いつも思うけど指揮者の運動量てすっごいよね(゜゜)
神業デス。
そして時々、千秋な玉やんが脳裏をよぎる(*´∀`*)←
藤岡サンと千秋が2人で指揮してるみたいな感覚が時々w←ありえんw
千秋ってか玉やんの指揮が見たいぞー!(≧Σ≦)
生でwww←
 
 
 
★交響曲第4番 ホ短調 作品98(1~4楽章)(ブラームス)
 
⇒コンサートのクライマックス!
明暗色々、表情のある曲だと感じました。
確か第3楽章でゎ酔っ払って顔が真っ赤なブラームスがでてくるとか、プレトークで言っていらしたような?ブラームスらしくない派手さがあるとかも言っていらしたような?
あやふやだ(*_*)←
 
やはり、第4楽章が盛り上がりました!!!
なんせアタシゎ終始藤岡サンに釘付けでした(゜∀゜)
お陰で首が(笑)←えw
すごかったなぁ~(´∀`)
先週の『1812』ほどでゎなかったですが、なにか迫ってくるものがありましたねwww
その"迫ってくる"ってのが大好きなんよな(*´∀`*)
なんだろうね、あの快感ゎ!w
足のつま先から頭のてっぺんまでビリビリビリ!ってくるんよ!(≧ω≦)
玉んないねwww
完全に癖んなっとるわw笑
こらあかんw(´∀`)←
 
 
 
【演奏を聴きながら感じたこと】
 
★指揮者の表情と左手ゎやはり重要
 
★指揮者の息づかいゎ音楽の息づかい
 
★オケゎ音楽の魂
 
★音楽ゎ言葉のない物語
 
 
 
アンコールがなかったのゎ残念ですが、今回も、形のない収穫がたくさんありました(´ω`)
藤岡サンありがとう!
さて、次の記事にゎ演奏後のことを書きたいと思います。
 
サヨウナリ☆
 
***
スポンサーサイト
  1. 2011/06/16(木) 22:31:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<\関フィル"独墺古典美の系譜…"その2/ | ホーム | \玉やんw映画!/>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamagatarimax.blog107.fc2.com/tb.php/978-9358e38f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。